12/24クリスマス走行会について

12/24(月)は当店初のテーマ別運転会を開催いたします。
テーマは「赤い車両」です

テーマに沿った車両をご持参いただいた方全員に
レイアウト1時間無料券(レイアウトをご利用の際、1時間を延長利用可能の券としてお使いいただけます)
ドリンクサービス券(当店のドリンクの割引券としてお使いいただけます)

をお渡しいたします。

また、当日はご持参いただかなくてもささやかながらプレゼントをご用意しておりますので是非ご来店ください。

 

以下、クリスマス走行会の注意点です。
参加をご予定の方は必ずお読みください。


①ご予約について

予約の開放日は12/20に行います。
12:00~22:00受付です。
一人当たりの使用時間数に制限はありませんが、一人あたり1線のみのご予約とさせていただきます。
より多くの方が楽しめるようにお願いいたします。
※複数線予約をされた場合、最初のご予約のみ優先しそれ以外はこちら側からキャンセル扱いとさせていただく可能性があります。ご了承ください。


②料金について

通常通りの料金となります。
12:00~17:00は1時間あたり700円
17:00~23:00は1時間あたり1000円


③車両について

テーマは赤い車両です。

真っ赤の車両はもちろんですが、以下は「これってどう?」という車両について…

1.赤色の割合
例えば、名鉄の赤い形式は問題なく赤色でしょう。

681系はくたか、東急8500系のような’赤帯’だけの車両も赤い車両としてOKです。
ステンレス・アルミ車体に赤帯が巻かれている車両は例外的に赤い車両とします。

少しでも赤色が入っているだけ…例えば731系やキハ283系に入っているアクセントの赤色はNGです。
車体全体を見たときに、赤色が目立つのであればOKですが、他色の割合が大きい場合はNGです。
(ドアのみ赤色…和歌山電鉄いちご電車はベースが白色なのでNGです)

もちろん、他の色が入っていたとしても割合的に赤色が強ければOKです。
JR九州の車両で赤色の813系や485系等は問題なくOKです。

2.貨物列車について
機関車は赤系の機関車をご持参ください。

貨物列車に関しては例外的に、緑色の貨車をOKとします。
タキ1000、福山通運コンテナ等。赤い機関車で牽引するのであれば貨車は緑色でもOKです。

3.あずき色・マルーンについて
厳密にいうと赤い車両に分類されるか微妙なラインの二色ですが…

あまり厳しいルールを決めてしまっても難しいので、自分が赤色系だ。と思うのであればOKとしたいです。

ただ、阪急マルーンと近鉄マルーンで考えると、阪急マルーンは色が暗すぎて赤色系かといわれると判断に悩みます。できるだけ外してもらえると嬉しいです。


 

実際、赤色の車両と言われても厳密に絞り込むのは難しいです。
厳格なルールを設定して走行会をしたいわけではなく、クリスマスを盛り上げるために皆さんで赤い車両を持ってきましょう!という趣旨なので、上記の内容は大方目安だと考えてください。

理想は真っ赤だと思います。しかし、他の人と被せたくない…という考えもあるかと思いますが、あまりこだわりすぎず皆さんで楽しくクリスマスを過ごすことができたらうれしいなと思っております。

皆様の考えた車両を楽しみにしております。